HARPIN' JOEの十穴記・山旅日記

ブルース・ハープ・プレイヤーHARPIN' JOEのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月25日 タマラン10周年 三宅伸治・大西ユカリ ライヴ

レッスンやライヴなどで月に2度は通っているタマランの10周年記念イベント。
僕も松田も8年くらい前からここでお世話になっている。
場所は南海高野線・滝谷駅から歩いて2分ほどのところ。

2年前からこの時期に大西ユカリさんとご一緒させて頂いているが、
10周年ということで今年はとてもとてもスペシャル。
大西ユカリさんはもちろん、あの、リヴィングレジェンドと言っていいギタリスト、シンガーソングライターの
三宅伸治さんが出演なのである。

先日、今回のライヴの件で、三宅伸治さんが、堺東から南海電車に乗ったそうだ。
なんということだ、あの、RCサクセションの、タイマーズの、MOJO CLUBの三宅伸治さんが、
南海高野線に乗り、座っていたのだ。 
その非日常な光景、南海電車の車両に乗り、座っている佇まいを想像するだけで
なんともかんともたまらん笑みがこぼれるのだ。
過去にも、近鉄奈良線の上本町駅で一人佇むバディ・ガイ、
神戸三宮・北野坂の交差点では信号待ちをするキャリー・ベルを
目撃されたりしているが、ローカル線である南海電車に乗られた三宅伸治さんを
一体、幾人がその存在に気づいただろうか。


今回の出演者は、お二人方と、
石切ミニィ&サエツ、MASAさん、そしてまつだゆうきと小生。

会場は滝谷駅そばの、花唐草。
会場内はお客様がぎっしりの超満員。

やっちゃん、10周年おめでとうございます。
これからも末永くお付き合い、よろしくお願いします。

そしてやっちゃん、けんちゃんをはじめ、タマランのスタッフの皆様、
花唐草のマスター、奥様、イベントに関わったスタッフ皆々様、
お疲れ様でした。何から何までのお心遣い、誠にありがとうございました。

ユカリさん、伸治さん、マサさん、ミニィちゃん、サエツちゃん、まっちゃん
お疲れ様でした。180分、終わってみればあっという間の楽しいひとときでした。
ありがとうございました。

ライヴ終了後、お店の前にある評判のお好み焼き屋へ。
美味いのなんのって、そりゃもうとにかく美味かったのです。

☆演奏曲(参加曲)
~石切ミニィ&サエツ のステージにて~
一曲参加

~ハーピン・ジョー with まつだゆうき~
Help Me
Orange Blossom Special
What A Wonderful World

~MASA & ハーピン・ジョー with まつだゆうき~
Mistery Train
Georgia On My Mind
You Belong To Me

~大西ユカリ & ハーピン・ジョー with まつだゆうき~
天王寺
テネシー・ワルツ

~三宅伸治 and 大西ユカリ & ハーピン・ジョー with まつだゆうき~
新ミッチー音頭
恋の季節
That Lucky Old Sun

~三宅伸治 ソロ~
~三宅伸治 with 大西ユカリ~

~三宅伸治 with 大西ユカリ 他出演者 タマラン・やっちゃん、けんちゃん~
いい事ばかりはありゃしない
雨上がりの夜空に


スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 20:12:56|
  2. ライヴ・リポート
  3. | コメント:0

5月16日・18日のライヴレポ

◆5月16日(金)
ハーピン・ジョー with まつだゆうき
M’s hall にて

年に1、2度出演させて頂いている環状線高架下、桃谷駅と寺田町駅の間にある
ジャズバー・M’s hall(エムズホール)にて。
気さくなマスターがいるシックなお店で、車のダイキャストモデルやレトロなおもちゃもそこかしこに。

お越し下さったお客様、マスター、奥様、ありがとうございました。
まっちゃんお疲れ様。次回こちらでのライヴは来年1月。是非お越しを。

☆演奏曲
二人のスウィング※
Sweet Home Chicago
Careless Love
Key to the Highway
Stormy Monday
いつかはきっと※
他一曲

Orange Blossom Special
ひまわり※
Mighty Long Time
Bright Lights Big City
まつだゆうき;ボーカルでエリック・クラプトンの曲を一曲
Better Days-あの頃-※
She's Tough

※オリジナル


◆5月18日(日)
ハーピン・ジョー with まつだゆうき
マルコハウス にて

シンガーソングライター、丸岡 "マルコ" 淳二さんのお店、
家庭料理 マルコハウス にてライヴ。
一昨日のM’s hall に続いてJR環状線・桃谷駅である。
そしてここも年に一度ほどの出演であるのだ。
桃谷駅前の商店街を200mほど入って、散髪屋の前を右に入るとあります。
是非立ち寄ってみてください。

ギターのみほんの少し小さなアンプから音を出す程度で、ハモニカと唄はノーマイクの、
完全生音と言っていいライヴ。
まったく、生音ってのはいいもんですな。

マルコさん、奥様、そして、とってもあたたかいお客様皆様、誠にありがとうございました。
また来年、お目にかかりましょう。

☆演奏曲(順不同)
二人のスウィング※
うずまきパン※
ひまわり※
タンゴ・アルモニカ※
ごきげんよう※
ベター・デイズ-あの頃-※
オレンジ・ブロッサム・スペシャル
この素晴らしき世界
コーヒーブルース
スィート・ホーム・シカゴ
聖者の行進
フラジャイル
まつだゆうき;ボーカルで2曲

※オリジナル






  1. 2014/05/28(水) 19:02:36|
  2. ライヴ・リポート
  3. | コメント:0

4月のライヴをまとめてレポ

お久しぶりです。今日は5月27日火曜日。朝。
随分とライヴレポを書いていないままです。山旅日記に至っては2012年の夏以降書いていないという有様。
まず今日のところはライヴレポをまとめて次々と。

◆4月13日(日)
~ひらやま大吾プレゼンツ ライヴ~
ハーピン・ジョー with まつだゆうき

十三テハンノにて。ここに来るのは10年ぶりくらいか。
昭和なスナックの内装がスッキリ一新され、マスターも浅田純平からミッチーに変わっていた。

ひらやま大吾、大吾ちゃんとは、そのもっと以前からの知り合い。
久しぶりに観た彼のステージは、より一層磨きがかかっていた。
初めてお会いした今野邦彦と柳佑樹のユニットも実に素晴らしかった。
今野氏は愛知在住で、シンガーソングライター、ハーピスト。ブルースバンドもやっている。
柳氏はドラマー。フージョンからロックまで多彩に活動している。

大吾ちゃん、お疲れ様。お陰様でまたいい出会いが出来ました。
今度は僕が呼びますね。
ミッチーお疲れ様でした。また是非よろしゅうです。

☆演奏曲
二人のスウィング(Harpin Joe)
Need My Baby(Walter Horton)
ひまわり(Harpin Joe)
Help Me(Rice Milller)
What A Wonderful World(Louis Armstrong)
Orange Blossom Special(Elvin T. Rouse)
Better Days -あの頃-(Harpin Joe)


◆4月18日(金)
風笛 with ハーピン・ジョー

月陽のイベントで出会ったギタリスト、風笛氏と茨木駅近くにある、初めてお邪魔するD barにて。
お店は小さなアコースティック専門のライブバー。音がとても良い。
ママであるヨンファさんも気さくで過ごしやすい雰囲気。
風笛さんが普段出演しているということで、今回のライヴの運びとなった。

お越し下さったお客様、ヨンファさん、誠にありがとうございました。
風笛さん、お疲れ様でした。次回もよろしくです。

☆演奏曲
きつねの嫁入り(中川イサト)
とあるカフェの午後(多奈加亭の午後 中川イサト)
線路は続くよどこまでも(風笛 ソロ traditinal)
浜辺の歌 ~ 野に咲く花のように(林古渓・成田為三 ~ 小林亜星)
Better Days-あの頃-(ハーピン・ジョー)

Joe's Tango ~ 愛の賛歌(ハーピン・ジョー ソロ Harpin Joe ~ Edith Piaf)
蘇州夜曲(服部良一)
竹炭鈴("ちくれい"と読む 中川イサト)
Joe's Train ~ アメイジング・グレイス(ハーピン・ジョー ソロ Harpin Joe ~ traditional)
少年時代(井上陽水)
Going Home(家路 Antonin Dovorak ドヴォルザーク 交響曲第九番 「新世界より」 第二楽章)


@4月19日(土)
ハーピン・ジョー with まつだゆうき
大阪・布施 某企業のお花見会にて演奏


◆4月20日(日)
~TAKATSUKI 唄まき statioN~
高槻市が月陽と主催しているイベントに再び出演。
毎月一回、日曜日の昼から夕方にかけて開催している。
場所は阪急高槻市駅、高架下広場。

出演者は月陽さんを代表に、多彩な唄まきメンバーの面々。
僕はゲスト枠だったが、これからはメンバーとして今後もちょくちょく出演します。
皆々様、お疲れ様でした。また今後共よろしくお願いします。

☆演奏曲
~月陽・ともき・マシュケ・ジョー~
上を向いて歩こう(坂本九)
デイ・ドリーム・ビリーバー(忌野清志郎)
まあるいいのち(月陽)

~森山さとこのステージにて~
愛の賛歌(Edith Piaf)

~月陽・ジョー・マシュケ~
声の限り(月陽)
Sing A Song(月陽)
唄のちから(月陽)ハーピン・ジョー ソロ(Harpin Joe)
他一曲(月陽)

~小濱達郎のステージにて~
一曲参加








  1. 2014/05/27(火) 10:53:43|
  2. ライヴ・リポート
  3. | コメント:0

3月29日(土) キタニヤスタカ with ハーピン・ジョー ライヴ 

お久しぶりです。今日は5月27日火曜日。朝。
随分とライヴレポを書いていないままだ。山旅日記に至っては2012年の夏以降書いていない。
まず今日のところはライヴレポをまとめて次々と。

おそらく7回目くらいになるか、キタニ氏とのトーク&ライヴ。
日本橋にある彼のお店、太陽と月にて。
相変わらずの喋りっぷりで、休憩挟んで約2時間半。
唄は6曲ほど。 キタニ氏のファンはもちろん、毎回ラヂオなライヴをやっているので興味ある方は是非。
次回は初秋頃にしようかと考えております。

演奏曲;キタニヤスタカのオリジナル 6,7曲

キタニ氏、お疲れさん。夏終わったら、またよろしゅう。


☆☆☆
このライヴの3日前、月陽のバースデーライヴにぶらりとペーニャまで。
ゆっくりと心地よく歌声に耳を預けていたが、お声がかかって3曲ほど参加させていただくことに。
月陽さん、マスター、素晴らしい時間をおおきにです。

  1. 2014/05/27(火) 08:39:52|
  2. ライヴ・リポート
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。